生理前は便秘になりやすいのは何故?

生理前は便秘になりやすいのは何故?

生理前は便秘になりやすい、というのをご存知ですか?実は生理前は、女性特有のホルモンバランスの変動によって、便秘になりやすいのです。

 

男性よりも女性のほうが便秘が多いのはこれが理由と言われています。

 

ここでは、生理前はなぜ便秘になりやすいのか。それを防ぐにはどうすれば良いかを紹介したいと思います。

 

 

なぜ生理前は便秘になりやすい?

生理前は女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になります。
この黄体ホルモンには、腸の働き(ぜん動)を抑える働きがあって、その影響で便秘になりやすいと言われています。

 

また、この黄体ホルモンが多くなると、体内にエネルギーを貯め込もうとします。この時期は一時的に代謝が落ちているような状態。生理前は太りやすいと言われるのも、これが理由だったりします。

 

 

生理前に便秘になりやすいのを防ぐにはどうすればいいの?

便秘になりやすいのを防ぐ方法というのはズバリ、「豆乳を飲む事」です。

 

豆乳には有名な「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。

 

この大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つ、卵胞ホルモン(エストロゲン)と似たような働きをします。「大豆イソフラボンが」が卵胞ホルモンのバランスを調整して、黄体ホルモンの働きを抑えてくれるんですね。

 

この効果によって、生理のホルモンバランスの乱れが緩やかになって、便秘になりにくくなる、というメカニズムです。

 

 

豆乳はどのくらい飲めばいいの?

便秘になりにくいなら、とにかくたくさん飲もう!というのも考え物です。
生理は自然現象なので、豆乳を飲み過ぎて大豆イソフラボンを摂り過ぎるのは身体に悪影響があるのでは、という意見もあります。

 

現在では、1日200ml程度豆乳を飲むのが良いと言われているので飲み過ぎに注意しましょう。

 

 

豆乳を飲むと太りやすい状態も緩和することができるので、生理中でも太りにくくなりますし、ダイエット中の人には一石二鳥です。生理前にはぜひ豆乳を飲むようにしてみましょう。

関連ページ

そもそもどうして便秘になるの?便秘の原因とは
便秘改善の為にはそもそも何故便秘になるかを知る必要があります。 一口に便秘と言っても、様々な原因が考えられるので、便秘解消のために一つずつ原因を見て行きましょう。
便秘は美容の大敵!便秘が美容に与える影響とは
ぽっこりお腹の原因になる便秘。便秘はその他にも肌が荒れたり、吹き出物ができたりと、美容の大敵です。 便秘になるとどういう影響があるか知っておきましょう。
便秘によるぽっこりお腹を治す為に、生活習慣を見直そう!
便秘によるぽっこりお腹を解消するには生活習慣の見直しも大切。 年齢や生活の変化によって便秘になるケースが多いので、ぽっこりお腹をスッキリさせる為に生活習慣を見直しましょう。
便秘解消に効果アリ!な食べ物は?
便秘解消してぽっこりお腹を治すには、食生活の見直しが大切と言うけれど、具体的にどうすればいいの?便秘解消に効果アリな食べ物を紹介します。
慢性的な便秘は危険?早めの対策を心がけよう
慢性的な便秘は危険な兆候です。まずは生活習慣などの見直しで早めの対処を心がけましょう。 それもで治らない人は、便秘が深刻な病気のサインかも?慢性的に便秘がひどい人は早めにお医者さんに診てもらうことが大切。思わぬ病気が隠れているかもしれません。
便秘薬の常飲はその場しのぎ?薬が効かなくなる理由とは
辛い便秘をなんとかしようと便秘薬を服用している人も多いと思います。 しかし便秘薬を常飲していると徐々に効果が無くなっていくケースも。便秘薬は常飲せず、根本的に便秘を解消し、自然に排便するのが大切です。
便秘からくる病気は危険!ほっとかずに便秘解消を考えよう。
ぽっこりお腹の原因になる便秘。便秘の原因は何か。便秘になるとどうなるのか。気になる便秘のアレコレについて紹介します。